ホーム工法と資材法面保護工事
前のページへ 次のページへ
 
草花播種緑花工
フラワーランド工法
カタログPDF | 積算資料PDF
施工事例
 
 
河川敷や採石跡地・遊休地等に草花種子(ワイルドフラワー)を播種して、色とりどりの草花が咲く、快適で楽しい空間を手軽に創造する工法です。
 
 ■ 工法の特徴
 
1. 数多くの品種の中から開花時期や色どりに合わせて種子を自由に選べます。
又、播種期や場所により、自由に混合できます。
2. 美しい花が長期間楽しめるミックスもあります。
3. 平坦地のほか、安定した法面でも施工できます。
実播工の他、植生基材吹付工により法面への導入も容易です。
4. 短草型の芝草種との混播も可能です。
 
 ■ 施工フロー
 
■ 実播工   ■ 吹付工
 
 
   
 ■ 施工上の留意点
 
1. 雑草繁茂地・雑草種子の飛散地では、天地かえしや覆土をして雑草の発生を抑制して下さい。
2. 肥料は草花用緩効性肥料(グリーンマップ等)を使用して下さい。
3. 草本の混播は草丈が短く、初期成長の遅い草種をお選び下さい。 
4. 雑草の種子の飛来する箇所等,状況によってマルチ材を使用して下さい。

このページの先頭へ

 ■ ワイルドフラワーの種類と特徴
 
 
一年草と多年草の春播き・秋播き兼用ミックスです。
ベーシックタイプ「ブルーマーズ」、草丈の短い矮性タイプ「ベビー・ブルーマーズ」があります。
この両者を混播することもでき、階層のある美しい景観を作り出すことができます。  
PDF「ワイルドフラワーの種類と特徴」
   
ブルーマーズ
草丈40〜100cmになるベーシックなワイルドフラワー27種のミックス種子です。
道路法面の他、サービスエリア、河川敷、ゴルフ場、夏場のスキー場など、場所・目的を問わず様々な利用ができます.
 
ベビー・ブルーマーズ
草丈20〜60cmの丈の短い品種24種のミックス種子です。
道路中央分離帯、都市公園、一般の住宅などで草丈を気にせず有効利用できます。またブルーマーズと同様に場所・目的を問わず様々な利用ができます。
  このページの先頭へ
 
前のページへ 次のページへ
ホーム | 会社情報 | 工法と資材 | ダウンロード | お問い合わせ | サイトマップ
 
Copyright(C) Mito Green Service Corporation. All rights reserved