ホーム工法と資材法面保護工事
前のページへ 次のページへ
 
法面補強と全面緑化を図る
GTフレーム工法
補強土植生のり枠工
  
 
  


モルタルや鉄筋を使用しない全く新しい発想の「のり枠工」です。
 
全面緑化が実現でき自然と調和した緑豊かな景観と環境を創出します。
 
ジオシンセティックスを用いた新しいのり面表層保護工法です。
建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術)
建設技術審査証明事業 技術名称「GTフレーム工法」
 
 
 ■ 施工手順
 
吹付プラント 吹付プラント
 
1 GTフォーム組立・設置工 GTフォーム組立・設置工
 
2 GTアンカーの設置工 GTアンカーの打設工
 
3 短繊維混合・改良土吹付工 短繊維混合・改良土吹付工
 
4 改良土吹付工完了、ラス張工 改良土吹付工完了、ラス張工
 
5 リサイクル植生基材吹付工(ウッディベース工)<全面緑化> リサイクル植生基盤材吹付工
(ウッディベース工)
  <全面緑化>
 
6 完成後1ヵ月 完成後1ヵ月

このページの先頭へ

 ■ 工法の特長

 
(1) 新しい力学特性
ジオグリッド材と短繊維材の組み合わせにより、引張耐力と形状拘束性が効果的に機能を発揮して、ねばり強く斜面の安定を図ります。
 
(2) 美観・景観に優れている
全面緑化によって緑豊かな景観を創出します。
 
(3) 長期耐久性を保持
耐久性に優れた材料を用いるため、長期間安定した機能を発揮します。
 
(4) 施工性に優れている
軽量・シンプル・コンパクトで抜群の施工性を発揮します。
 
(5) 低コストを実現
軽量・コンパクトなためムダを省き優れたコストパフォーマンスを実現します。
 
(6) 環境安全性の実現
廃棄物を削減し温室効果ガス(CO2)を大幅に削減します。
 
 ■ 標準図
  
標準展開図  A-A’断面
  このページの先頭へ
 
前のページへ 次のページへ
ホーム | 会社情報 | 工法と資材 | ダウンロード | お問い合わせ | サイトマップ
 
Copyright(C) Mito Green Service Corporation. All rights reserved