ホーム工法と資材法面保護工事
前のページへ 次のページへ
 
簡易吹付法枠工
ソイルクリート工法
WEB 簡易吹付法枠協会
施工事例
 
 
 
コスト縮減・景観保全を実現 !!
 
 ■ 工法の特徴
 
1. 複雑な型枠に変えて簡易な組立枠(ガッテンダー)を使用するため、地山のならし作業をほとんど必要とせず、地山の凹凸に沿った施工ができます。
2. 直接地山にモルタルを吹付けるので、地山との密着性に優れ、基礎コンクリートを必要としません。
3. 地山に法枠が密着し、断面形状が欠円状であるため、表面水の排水性に優れ、枠内の滞水を防ぎます。
4. 枠は縦横に連続しているため、地山表層の剥落に対して抵抗力を持っています。
5. 組立枠(ガッテンダー)を用いることにより、鉄筋が適正な位置に保持され、かつ正確な断面形状が確保できるため、安定した品質の法枠が造成できます。
6. 優れた生育基盤材料と強固な緑化基礎工とにより、長期間安定した緑化をはかることができます。
7. 資材が軽量で設置が容易なため、施工性・経済性に優れています。
8. 標準以外の枠スパンへの対応が容易です。
 
施工対象のり面(工法選定の目安)
  
 ■ 標準施工図
 
Aタイプ
  
Mタイプ 1500
  
Mタイプ 1300
 
このページの先頭へ

 
簡易吹付法枠工
配筋状況
  
 
簡易吹付法枠工
モルタル吹付工状況
 
簡易吹付法枠工
枠内植生基材吹付工状況
 
 
簡易吹付法枠工
竣工状況
枠内植生基材吹付工 完成
 
緑化完成状況(草本タイプ)
施工後3ヶ月
  このページの先頭へ
 
前のページへ 次のページへ
ホーム | 会社情報 | 工法と資材 | ダウンロード | お問い合わせ | サイトマップ
 
Copyright(C) Mito Green Service Corporation. All rights reserved